ヨーガハ チッタ ブリッティ ニローダハ

  • 2018.09.09 Sunday
  • 23:10

 

FACE BOOKにも書いたのですが、

 

「心」や「心に浮かんだこと」を自分自身だと思い込んではいけないと、*ヨーガスートラも、

 

*バガヴァッド・ギーターも言っています。  *両方とも、インド哲学の経典

 

ヨーガハ  チッタ ブリッティ ニローダハ (ヨーガは心の働き(作用)を制御すること

 

である)

 

これは、ヨーガの先生なら、誰もが学ぶヨーガスートラの有名な一節です。

 

どうして心を制御しなければならないのか?

 

それは、心は勝手気ままに動き回り、私たちが「真我」(魂)であるということを

 

忘れさせ、真実を見る目を曇らせてしまうからです。

 

心はひと時もじっとせず、いつも勝手なおしゃべりをします。

 

勝手な妄想を抱き、私たちを不安に陥れたり、逆に、自分にはすごい力があるとおごり

 

高ぶらせたり、

 

自分はダメな人間であると落ち込ませたり、

 

有頂天になりすぎたり・・・・

 

 

こんなに勝手気ままに動き回るものが自分だったら、毎日はジェットコースターのように

 

上がり下がりし、落ち着いて穏やかに生きることなど、到底無理です。

 

いつも落ち込んだり、喜びや刺激を求めて飢えていたり、怒りで自分を抑えられなかったり

 

イライラして生きていることになります。

 

私たちの本質は魂であり、「心」や「考え」ではありませんよ、

 

だから、「心」や「考え」を制御し、本来の魂という存在に戻って、神様に繋がりなさい、

 

そうすることが楽に生きるすべですよとヨーガやヴェーダの聖典はいうのです。

 

 

そもそも、ヨーガがどこから来たのか、という根源の問いの答えがここにあると

 

思いませんか?

 

私たちが一生懸命やっているアサナの練習も、自分は魂なんですよーと気づくために

 

始まったことなんですね。

 

だから、ヨーガをしているのに、「魂なんてない」と言う人がいたら、

 

本当のヨーガを知らないということになるのです。

 

ヨーガに出会うことができた、それだけでもすごいことなんです。

 

だから、ヨーガのスピリチュアルな部分にも、ちょっとだけ目を向けて欲しいなあと

 

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM