澄んだ心を目指したい

  • 2018.10.19 Friday
  • 17:04

 

うちの者に、私はYogaを始めてから変わったと言われてます。

 

Yogaを勧めると、「正しすぎて、自分にはできない」などと言うのです。

 

正しい・・・というよりも、自分の内側を見て、きれいにしようしようとしていると、

 

段々そうなるということなので、「そうしなければいけない」という縛りではなく、

 

Yogaを実践しながら、ちゃんと自分の心を磨いていけば、自然にサットヴァな方向へ

 

向かうということなんだけどなあ。

 

サットヴァとは何かというと・・・

 


 

この宇宙に存在する、様々なものには性質があります。大元になる質は、

 

タマス(暗質)、ラジャス(激質)、サットヴァ(徳質)の3つです。

 

この3つが様々に混ざり合って、色々なものの性質ができていて、私たち人間も

 

同じようにその質に支配されています。

 

タマスとは、簡単に言うと、ぐうたらしている(^^;)動かない、淀んでいる質です。

 

間違ったことを正しいと思います。

 

ラジャスは、やり過ぎ、情熱がたぎっている状態、物質的な欲望を達成するためなら

 

何でもする過激な性質です。物の見方が歪んでいます。

 

そして、サットヴァは、澄んで、穏やかで、物を比較的、正確に読み取ることができる、

 

純粋な状態です。

 

この上に、シュッダ・サットヴァという、前の3つのフィルターがかかっていない、

 

本当のサットヴァがありますが、これはかなりの人でないと得られない質と言われます。

 

タマスやラジャスも、なくてはならない性質です。例えば、休息を取るのはタマスの質、

 

物事を達成するにはラジャスが多少必要です。でも、全体的にはサットヴァに向かうのが

 

良いのです。

 

バクティ(愛の) Yogaをしていると、徐々にサットヴァの方向へシフトしていきます。

 

逆に言えば、サットヴァの方向に行かないYogaは、間違ったヨガか、体操的なヨガ 、

 

ただのエクササイズです。

 

昔、スポーツクラブでお会いしたYogaの先生は、何でこんなに澄んだ感じがするのかなと

 

思ったことがあります。口調が優しく、いつも水平な感じがしていたなと。

 

一人ではなく、何人もそういう方がいました。

 

私はエアロビクスをしていたので、いつも元気で(無理に元気を装っていたこともあります)

 

その時は自分と同じ人間なのに、どうしてこんなに穏やかな感じなのだろう?ヨガのせい

 

なんだろうなとは思っていました。

 

 

太古の昔、神様につながるために、生まれたYoga。神様につながるには、心をきれいにして

 

おかなければいけません。だから、心も修練できるのです。

 

本当のバクティのあるYogaを続けている人は、段々と心が穏やかになり、ふところが深くなり、

 

少しのことでイライラしたりしなくなり、周りの人に優しくなっていきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM