ここにいることの大切さ

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 00:09

 

心、ここにあらず、ということは良くあります。

 

今、目の前にあることではなく、意識が別のものに飛んでいる。

 

目の前の人の話を聞くのではなく、次、自分が何を喋ろうかと考えていたり、

 

料理をしながら、明日の予定のことを考えていたりします。

 

友達と旅行に行ったら、友達はインスタ映えする写真をいかに効果的に撮るかに夢中で、

 

一緒に行ったのに、心が別のところにいるようだったという話も聞きました。

 

 

今、ここにいないのです。

 

目の前にあることの中に、自分がいない。

 

それがどれだけ人生を浅くさせているか。

 

限られた時間で、同時に色々なことができる方が、能力があるとされ、

 

生産性を求められ、素早く情報をキャッチしたり、常に、先のこと、先のことを考えろと

 

言われて生きている。そういうものなんだと、刷り込まれてしまっている。

 

自分って誰なんでしょう?先へ先へと忙しく考える頭が自分?

 

今、ここにいなければ、明日も自分はそこにはいません。

 

西行法師が言いました。

 

「的に当てることと、外れることには大きな違いがある。

 

しかし、雅を楽しむ心があれば、矢を射ることに楽しみを見つけられるので、

 

当てることと、外すことに大きな違いはなくなる」

 

未来のことに意識を向けず、(結果に頓着せず)今、ただここにいることを味わうことは、

 

時間とは飛ぶように過ぎるものではないと感じさせ、人生に深みを増してくれるのです。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM