ヴリンダーヴァン 1

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 19:54

一人一人が大切な存在だと、本当の意味で気付かされる

 

朝から聖地を回りまくっても、「あれ?まだこんな時間?」なぜか、時間がゆったりと流れる

普通の旅行ではあり得ない

 

寺院に集まる人はみんな家族!

 

 

 

10/27から1週間、インドの聖地、ヴリンダーヴァンに行って来ました。

 

1週間のお休みを頂き、ありがとうございました。

 

今年2回目、そして2度目のヴリンダーヴァンです。

 

なぜ2度もヴリンダーヴァンに行くことになったのか?

 

1度目のヴリンダーヴァンは、ヴリンダーヴァンに出逢うため。

 

そして今回はヴリンダーヴァンを愛するためだったのだと思っています。

 

うちの者も、初めは呆れていましたが、出発近くになると「アムリタの神様が、行って来いと

 

言ってくださってるんだね」と、快く送り出してくれました。

 

日本では、インドの聖地というと、リシケシやヴァラナシが有名です。でも、

 

実を言うと、ヴリンダーヴァンこそが真の聖地と言っても間違いないのです。

 

なぜなら、ヴリンダーヴァンこそ、ヴァガヴァッド・ギーター を語られた至上主

 

(ヴァガヴァーン)であるクリシュナと、そのエネルギーであるラーダー・ラーニーの住処だから

 

です。

 

ヴリンダーヴァンは、ヴェーダの導きのない人の前には本当の姿を現しません。

 

「私はすべての人の目の前に姿を現すわけではない。私は内的エネルギー(ヨーガマーヤー)で

 

覆い隠すので愚か者は、私を見ることができない(略)」とクリシュナは言っています。

 

ヴァガヴァッド・ギーター 第7章25節

 

愚か者とは、つまりヴェーダの知識によって導きが得られていない人のことを言っています。

 

ですので、物理的にヴリンダーヴァンに行くことは誰でも可能ですが、ヴリンダーヴァンは

 

クリシュナ(スピリチュアルな)の姿を隠します。

 

そうは言っても、ヴリンダーヴァンに行けると言うこと自体が、すごい導きなので、行った事が

 

その人の人生に与える恩恵は、必ずあります!それほどクリシュナとラーダーの慈悲に満ちた

 

場所なのです。

 

わたしは元々カトリックの信者でしたが、それとヴェーダが関係することも知りませんでした。

 

だから、まさかこんな愚か者の自分がこのような役目を頂くことになるなんて、これっぽっちも

 

思ってなかったので、スタジオを頂き、人にヴェーダの教え、バクティヨーガを伝えるお手伝い

 

をする役目を頂くことになった時には、「なぜ私?」と思いました。

 

それくらい、ヴリンダーヴァンに行って、ただ無心に唱えたマントラの効力は大きかったと

 

いうことです。

 

 

「しかし、物欲もなく、私の超越的な姿を想い、愛と献身を持ってただひたすら私を崇拝する者

 

たちに、私は必要なものを与え、持っているものを失わないように保護する」

 

ヴァガヴァッド・ギーター  第9章22節

 

「自分に生来与えられた義務(仕事)をすることによって、人生は完成に達する。どのようにして

 

それが可能なのか、私から聞きなさい」

 

ヴァガヴァッド・ギーター  第18章45節

 

ただクリシュナを想ってやっていたら、「必要なもの」「義務」がやってきたということです。

 

ヴリンダーヴァンに行った時には、読んだはずのヴァガヴァッド・ギーター のことなんて

 

全く頭になかったわけですから、あとでブルブルっと震えました。

 

これを偶然と呼ぶには、あまりにも劇的に色々なことが起こりすぎました。

 

ヴリンダーヴァンは、それだけではないのです。

 

私はできれば、皆さんにヴリンダーヴァンに行ってもらいたい。ご一緒したいのです。

 

あの愛に満ち溢れたムードを、一人でも多くの方に体験してもらいたいと

 

思っています。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

質問などあれば、自由にお寄せくださいね。

 

続きはまた

 

to be continued

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM