情報にとらわれない

  • 2019.04.22 Monday
  • 15:44

 

Yogaで感じる力を磨いていくことは大事なことだと思っています。クラスの中でも

 

特に身体を痛めることがないようにするためにも、何が心地よくて、何が自分を

 

いじめることになっているのか、ということを少しずつお伝えしています。

 

 

そんな中、生徒さんと話していて、ふむふむ〜と思った出来事です。

 

家で、温度計を見て、例えば25度だったとすると、自分が実際そう感じているわけでは

 

なくても、「今日は暑い」と思ってしまうそうです。

 

自分にもあるな〜と思います。

 

挨拶がわりに、「暑いですね」「35度もあるんですって」「ひ〜」みたいなのは

 

あるし、熱射病予防などに情報を使うのは、もちろん大事ですが。

 

 

うちの母は山が大好きだったのですが、山登りを長年続けてる人とか、海でアクティビティーを

 

する人たちは、天候の移り変わりや気温に敏感になっていきます。

 

大げさに言うと、命に関わることにもなるからです。

 

うちの母は風を読み、「あ、天気が下り坂ね」と、行程を変更したりしてました。

 

同じく、ウィンドサーフィンが大好きな友達は、ちょっとした風向きで天候の悪化を察知して

 

いました。

 

さらに、母も、友達も、自分の体調にも敏感で、「これ以上はまずいな」などと、無理を

 

しない方向に自分を管理できる能力がありました。

 

ところが例えば、「今日は25度」・・・・「この季節にしては暑い気温」・・・

 

今日は暑いのだ!と、自分の感じることを無視してしまうと、だんだん感覚が鈍感に

 

なっていってしまうのですね〜。

 

私たちは目で見たことや耳で聞いた「情報」を優先してしまう傾向があります。

 

情報は大事なのですが、それをそのまま取り入れていると、「ん?何かおかしいぞ」と

 

感じる力が弱まってしまいます。

 

例えば、「口コミ」文化が全盛ですけれど、メディアや他人が良い悪いと言ったことを、

 

そのまま鵜呑みにしてしまい、「効く!」とされた食品を買いに走ったりしてしまうわけです。

 

これって、Yogaとかけ離れているようで、実はすごく関係あると思うのです。

 

Yogaのアーサナの練習はじめ、スピリチュアルな感覚を開いていくには、微細なものを

 

感じていくことが本当に必要だと思います。

 

アーサナの練習は、今自分がどこでどういう状態にいるのか、ということに気づいて

 

修正していくことです。

 

他人に必要な修正が、自分にも当てはまるとは限らないし、その逆もあります。

 

豆腐が大勢の人には良い食品とされていても、時々合わない人もいて、それに気づかず

 

良いと思って食べ続けている・・・といったこともあるのです。

 

私たちは、ほとんど全ての人が「幸せになることを望んで」生きているわけで、

 

その幸せは、外側からやってくるものではなくて、自分の内側に気づいていくことから

 

生まれてくるのです。Yogaして、感じる力をご一緒につけていきましょう。

 

 

いつも拙い文章をお読み頂いて、ありがとうございます。🙏

 

Radhe Radhe!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM